よくある質問

歯科医師臨床研修マッチングプログラムについてよくお問い合せいただく内容についてまとめています。
お問い合わせいただく前に一度ご確認下さい。

その他(参加者向け)

歯科マッチングで研修先が決まらなかった場合(アンマッチ)にはどうしたらよいでしょうか?

歯科マッチング終了後に、直接研修施設と交渉を行い、研修先を探すことになります。
募集定員に空きがある研修施設の研修プログラム情報は、厚生労働省の歯科医師臨床研修プログラム検索サイト(https://d-reis.mhlw.go.jp/common/ad0.php)を参照してください。

歯科マッチングにより、研修先が決まったのですが、別の研修先が空いているのでそこに行きたいのですが?

歯科マッチングに参加された場合は、歯科マッチングの結果に従っていただくことが必須となります。
マッチングで研修プログラムが決まった場合に、他の研修先に行くことはできません。

歯科マッチングに参加していない研修施設から採用内定をもらった場合にはどうすればよいでしょうか?

既に歯科マッチングに参加している方が、歯科マッチングに参加していない研修施設から内定を受け、その研修施設での研修を希望する場合は、必ず歯科マッチングの参加取消しをしてください。
まだ歯科マッチングに参加していない方が、既に内定の出ている研修施設での研修を希望される場合は、歯科マッチングへの参加は行わないでください。

登録期間終了後にマッチング不参加の施設に採用が決まった参加者は、必ず希望順位表に1件も登録していない状態にしてください。誤って順位登録を行いマッチした場合、マッチ結果に優先して従うこととなります。

研修施設が決まっていて、歯科医師国家試験を受験しない場合または不合格であった場合はどうすればよいでしょうか?

その旨を速やかに、当該研修施設に連絡してください。
また、当該年度の歯科マッチングの結果は無効となりますので、翌年度の歯科マッチングに改めて参加登録する等して、再度、研修先を決めていただくことになります。

その他(参加施設向け)

歯科マッチングの結果、募集定員に空席ができてしまった場合はどうしたらよいでしょうか?

歯科マッチング終了後に、直接研修希望者を探し補充することができます。
歯科マッチングの結果、募集定員に空席ができた場合の補充は、歯科マッチングの参加者でアンマッチとなった者および歯科マッチング不参加の者に限られます。(他の施設にマッチした参加者は採用できませんので十分ご留意ください。)
なお、歯科マッチング参加者のうち、当該本人が同意した者については、歯科マッチング結果を歯科医師臨床研修マッチング協議会から出身大学にご通知することになっています。 (通知の際は、個人情報の保護に関して、出身大学に誓約して頂きます。)

マッチングが成立した参加者から辞退の申出があり、当施設及び歯科医師臨床研修マッチング協議会も了承・承認した場合の募集定員の欠員補充はできますか?

マッチングが成立した参加者から辞退の申出があり、当該研修施設及び歯科医師臨床研修マッチング協議会も了承・承認した場合でも、募集定員の欠員補充は原則としてできないことになっています。

マッチングが成立した参加者が歯科医師国家試験に不合格となった場合の、募集定員の欠員補充はできますか?

歯科医師国家試験に不合格であった者は研修歯科医として採用できません。そのために生じた欠員については、各研修施設の判断で募集をしていただいて結構です。

医師のマッチングでは中間公表を行うと聞きましたが、歯科マッチングでは中間公表を行わないのでしょうか?

歯科マッチングは中間公表は行いません。
医師のマッチングでは登録状況の中間公表を行っています。
研修プログラム毎に第1位で希望している人がどのくらいいるかを示すものです。
歯科マッチングでは中間公表は行わないため、参加者および参加施設の双方が、希望順位表の登録の際に十分検討し、できるだけ多くの研修プログラムまたは採用希望者を記載することが重要です。

よくあるご質問一覧へ戻る